スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
親友
今回は言葉の解釈ではなく「親友」に対する解釈。


9歳からの親友がいる。

小学校の同級生だった。

なんせ20年も昔の事なので仲良くなったキッカケなんて覚えていない。この頃ほとんど毎日一緒に遊んでいた。・・・らしい。

彼女の結婚式で彼女のお母様にそう言われた。

わたしもよく一緒に遊んでいたのは覚えているがそんな毎日一緒だったかは正直記憶がない。

子供の頃の記憶って曖昧。



同じ中学に進学。

この頃からなんだか彼女がうらやましかった。

なぜだろう。

小学校の時からこの親友「Y]のことは大好きだった。

それが中学に上がると「大好き」に「うらやましい」が加わった。



高校から別の進路にわかれて会う機会は減ったが

相変わらず仲良しだった。

いつの頃か、「うらやましい」が「自分ってなんて価値がないんだろう」に変わった。


なんでやねん。思春期ってあほだなぁ。

今となってはこの一言で済むが当時のわたしの為に解説しよう。



親友「Y]はいつも全力で生きている。

仕事も恋もずっと関わってきた演劇の舞台にも。

いつも限界を超えるまで突っ走って身体を壊したりする。

こころを壊す事もある。



わたしはといえば、いつも不完全燃焼。

自意識にがんじがらめにされエネルギー駄々漏れ

不安な生き方をしていた。



そんなわたしから見ると親友「Y]は眩しかった。

彼女のしている事すべてが宝石のように思えた。

楽しいばかりではないだろう。辛そうな姿も見ている。



その辛ささえもうらやましかった。



ずいぶん長い間自分の不安定さを彼女に投射していた気がする。



ぐだぐだな思いにとらわれ、たくさんの時間が過ぎた。

たくさんの人に嫌な思いもさせた。

相当感じの悪い奴だったからな。



親友「Y]もわたしのそんな部分は嫌いだったと思う。

ただ、そこには触れずに上手くやってたようだ。

子供の頃からおとなだったんだね。



ありがとう。



今のさくらはこれまでで一番元気です。

これからは大好きなあなたに

元気をチャージ出来るような自分になる予定です。

こうご期待(笑)




そんな親友「Y」のブログです。

AB型からB型へ

タイトルと本文が関係ないのが彼女らしいです。どうぞよろしく。


人気ブログランキングもどうぞよろしく。
ここをクリック!

スポンサーサイト
【2005/05/16 17:01】 さくら流解釈 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<敵を減らせ! | ホーム | 夢は公言しろ。>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sakurasukkiri.blog10.fc2.com/tb.php/3-c3d5419f
Thank you
9歳からの親友が、自分のブログに私のことを書いてくれました 。『勝手に解釈しておきました。』 どうぞ、ご覧になってください。ちょっと恥ずかしいですねぇー。良く書いてくれちゃうんだもん。あはは。彼女にはホントよくしてもらってます。ダメダメな私を見せられる、大 AB型からB型へ【2005/05/20 01:29】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。